ダイエット方法は常に新しいものが考案されていますが、体質は一人一人違うため、痩身効果が現れるかどうかは人によって違っています。ダイエットに取り組む時には、どういう状態を目標に設定したいかをはっきりさせた上で、そのために必要なことに取り組んでいく必要があります。可能な限り速やかにダイエットを成功させたいという人は、食事制限にしろ、運動にしろ、できる範囲のぎりぎりを毎日続けることで、効果を上げていくといいでしょう。しかし、短い期間で急激にダイエットをしたいからと極端な食事制限をすると、リバウンドの温床になります。食事制限や運動のかいあって体重を落とすことができた場合、それ以後、減らした体重をどのようにして増えないようにするかは、別問題です。ダイエットの効果を維持するには、体重の増加につながりやすい脂肪を燃焼することに気を配ることが重要です。毎日、一定量の脂肪が燃えるような仕組みをつくっておけば、体重の増加を防ぐことができます。体重を維持するための手っ取り早い方法は、運動を習慣にして体脂肪を燃焼させてしまうことです。毎日運動を続けなければいけない、ずっと食事制限を続けなければならないということはとても難しく、大勢の人がそのためにダイエットに失敗しています。普段から体を動かす習慣がないという人からすれば、好きでもない運動を継続して行うことは、精神的なストレスになります。運動の継続に達成感ややりがい、おもしろさを実感できなければ、継続することは難しいでしょう。